Good-luck and Good-bye.



 「うわっ、あつ~っ!」
 お目当てのモノの買い物を終え、少し肌寒ささえ感じたデパートから一歩踏み出した私は、むせ返る真夏の熱気と、雑踏に思わず声にして呟いた。
 普段、こんな人混みの中へと余り身を置かない私にとって、この新宿と言う街は、得意なところではない。ハッキリ言って大嫌いな場所だけど、今日はどうしても、あるヒトへ贈るプレゼントのために私は来た。
 因みにあるヒトと私は、今年の秋頃、多分、結婚する。
b0101654_2281572.jpg


 この新宿西口に広がる広大なバスターミナルの中程に、バス停のある永福町行きの京王バスに乗るために、今にも降り出しそうなどんよりとした鉛色をした空の下、人波を縫うように暫く行くと、人混みの中に、突然懐かしい人を見付けた。 
 「あっ!、ヒロくん!。」
 その人と目が合った次の瞬間には、私は彼の名を呼んでいた。
 私に呼び止められた彼は一瞬、戸惑った表情を浮かべた。でも、雑踏の中に立ち止まった私を見つけ、彼は私に向かって歩きだした。 
 微笑む顔が、少しはにかむのが昔のままだった。 
 五年前の冬。
 彼と私の恋は、お互いの心を傷付けあって終わった筈なのに、今の私の中には、もう跡形もない。
 偶然会えたら、泣き出しちゃうと思っていたのに・・・。
 「・・・ユミ、暫く。元気だったか?。」
 「うん。あたしは、別にどうって・・・、元気よ。」
 「・・・そうだ、もしよかったら、お茶でもどう?。」
  月並な、本当に月並な彼からの誘いだった。なのに、私の心はちょっとだけ揺れた。
 そんな心の動揺を彼に悟られまいと、ショウ・ウィンドを横目で見ると、待ち合わせをした頃が、つい昨日のように鮮明な映像となって思い出されてきた。
 でも、今はもうどうでもいいことだったりする。
 「・・・うん。」
一瞬だけど、少しの間を置いてそう私が答えると、そのとき、彼の携帯電話が鳴った。
 慌ててサマージャケットの内ポケットから取り出すと、彼は話し始めた。
 「あっ、いま新宿。・・・これから電車に乗るところ。・・・うん、もうすぐだから。・・・おう、・・・ん、じゃ、あとでな。」
 左の耳に当てた電話の向こうの相手と話しながら、ときどき彼はすまなそうな顔に右手を立て、私に向かい謝る仕草をした。
 「ユミ、ゴメン。じつは、これから人に会うんだったんだ。」
 電話を切って、ポケットにしまいながらすまなそうな顔のまま、そう彼は私に話した。
 「・・・そのヒトって、ヒロくんの今のカノジョ?。」
 「えっ、どうしてそれが?。」
 少しイジワルっぽくして私が尋ねると、『あの微笑み』で彼は答えた。
 「あ、やっぱりズボシだったんでしょう。」
 「・・・ああ、ヒロコ。田中裕子って言うんだ。」
 彼が、彼女の名前を言い終えると、大粒の滴がポツリポツリと、空から落ちてきた。
 「じゃっ、・・・オレ、行くわ。」
 降り出した雨に追い立てられるように、そう言い残し彼は歩きだした。
 「・・・やっぱりあなたに、送って欲しい。・・・私のバスが、遠く消えるまで!。」
 駅へ向かう人の流れの中に溶けてゆく彼の背中を見ていた私は、気が付くとそう叫んでいた。
b0101654_2210334.jpg


 私の声に気付いた彼は立ち止まって振り返ると、ちょっと困ったような表情を浮かべたけど、急いで私の元へ戻ってきてジャケットを脱ぎ、私の頭からすっぽりと包んで肩を抱いてくれた。
 そのとき私は、ヒロシの彼の本当の意味での優しさを知ったような気がしたけれど、でも、それには時間が経ち過ぎていたことも、同時に身を持って感じた。
 今はもう、別々の恋人が待つ場所へと行き、お互いこれからもう二度と会うことなんて、きっと無い。
 そう思うと、バス停へ彼と走る私の胸の中は、キュッと締めつけられそうな気持ちで一杯になって溢れそうになったけど、それが彼に伝わらないよう懸命に我慢した。
 
 彼に手を引かれた私がバス停に走り込むと、発車寸前の永福町行きの京王バスに間に合うことができた。 
b0101654_222317.jpg


 バスのエントランスステップに立った私は彼に振り返り、かけられていたジャケットを手渡した。
 「・・・じゃっ。」
 そう言って、彼は左手でジャケットを受け取り、私に向かって右手を差し伸べた。
 「・・・うん。・・・じゃあね。」
 彼の手を握りながら、そう答えるのが精一杯の私だった。

 動き出したバスの中から振り返ると、あのひとがたった一人バス停に残り、私の乗ったバスを見送ってくれている。
 その彼に見えるように、混んだバスの窓にGood luck and Good-bye と、大きく書いていた。
 「・・ユミは、きっと、しあわせになるからね。」
 心の中で、私は彼に誓った。





                     おわり


        ※このドラマは、フィクションです。




You Tube URL
http://www.youtube.com/watch?v=EYg92qdkJ2I
[PR]
by dn-racing | 2009-05-29 22:25 | story
うまいコーヒーの、飲みかた。 >>