カテゴリ:自動車( 6 )

旅へ。

 ちょっと遅い午後。
 突然思い立ち部屋を飛び出し、Zに乗り込むと、たいしてあても無い旅に出る。
 サイドウインドウを開け放ち、ニュータウンの真ん中を、まっすぐ延びるバイパスを東に向かってみる。
 昼間、あんなに激しく降っていた雨も今ではすっかりあがり、ついさっきまでスカイブルウとライトグレイだった空は、P.P.Mのベストアルバム一枚が演奏を終えるまでの間にオレンヂ色に染まって、グレイの雲にはヴァーミリオンとパープルのグラデーションをかけてフロントグラス越しの彼方に拡がる。  
 右肘を出したサイドウインドウから、助手席へと通り抜けていった風が、僕の右頬から首筋を撫でたそのとき、澄みきった風の香りと涼しさに、ほんの一瞬心地よさと、優しく始まりゆく春を感じた。
でも、やっぱりまだ寒いって。
あわてて、サイドウインドウを閉めた。
 軽いポンピングを繰り返し、突き当たりの交差点で信号待ち。
 ふと見上げた空を着陸準備のジェット機が、ハーフムーンかすめて飛んでいく。
 「おかえりなさい。」
 気付けば、声にして呟いていた。

b0101654_23343698.jpg


 ・・・・・すあ~て、お日さま帰ったから、僕も帰ろっと。
 今夜は、な~に喰っかなあ・・・・・。
[PR]
by dn-racing | 2007-02-04 23:42 | 自動車

何処へ。

ドンっと、ドアを閉めて。
グォグォッと、エンジンをかけて。
タバコを1本、吸って。
b0101654_18154991.jpg








水温計を睨んで、「よし、いこか。」

クラッチペダルを踏み込んで、シフトレヴァーを1速へ送り込んで。
サイドブレーキを、リリースして。

きのうの晩に駐めたスペースから、スタートして。

右へ曲がって、左に折れて。

丘を駆け上がって、谷を駆け下りて。

b0101654_1818314.jpg


信号で、停められて。

また、走り出し。
走って。
走って。

お日様が、いつしか暮れて。
お星様が瞬く空のしたを、ひた走り。
お月様と目があって、つい、会釈を交わして。


走って。
まがって。
ときどき停まって、ガソリン入れて。

お日様が、また昇って。

もうずいぶん走って来た気がする。

b0101654_18194782.jpg








たどりつくハズのこの先が気になって、ちょっと路肩に停めて。
小高い頂に立って、タバコを1本吸ってみる。
見渡す限りに見晴らしてみても、まだまだ、曲がりくねった道が、遥か遠くへとずっと続いている。
[PR]
by dn-racing | 2007-01-11 19:15 | 自動車

“梅雨”の、さんぽ道。

b0101654_4463179.jpg
b0101654_4295419.jpg


1970年代を見据えたニューブルーバード1600Deluxは、鬱陶しい梅雨時のドライヴでも、常に快適です(笑)。
[PR]
by dn-racing | 2006-07-24 04:48 | 自動車

君は、僕を、知っている。

いまから約四半世紀まえ、ぼくはまだ中学生。
あの頃、ぼくはまだボーイスカウト。
b0101654_10421361.jpg

このスカGは、その頃のぼくを知っている。
集会場所であるカトリック教会の駐車スペースで、いつもぼくらスカウトたちを、見つめていた。
そしていま、こうして相棒と僕の診療所へ治療入院している。
34年間の自動車生活に、ちょっと疲れたみたい。
だいじょうぶ。
バシッと治療して、リハビリして、僕等の“まるを”や“まる子”とオナカいっぱい走ろうね。
[PR]
by dn-racing | 2006-07-09 11:09 | 自動車

ごた~いめ~ん

b0101654_1421882.jpg

突然ですが、皆の衆の方々は、ご自分で所有のオートバイとかクルマに名前を付けていたりしてますか?
ワタシまるをのブルーバードには、型式の“ご~いちまる”と赤いボデーカラーから“まる子”と言う名前を付けているんですね。
閑話休題。
んで、先日登場のあのダットサントラックは、シリーズにセダンがありましてね、ブルーバードの始祖先祖に当たるワケなんですよ。
ほんでね、ワタシふと思い付いたんですよね。
「まる子と(友蔵)じいさんだあ!」
ってね。
ん~。
“無理アリ”ですかねえ。
どうでしょう、皆の衆。
ちょっとイイハナシでしょ?
[PR]
by dn-racing | 2006-06-01 14:02 | 自動車

老ダットサン威力発揮!

b0101654_2256467.jpg

これはね、徳島県からやって来た日本一周中の老ダットサンなんですよ。
場所は、東京銀座の日産自動車本社ですよ。
さあ皆の衆お立ち会い、なんと驚くなかれ、1956年(昭和31年)製造の123型と呼ばれるダットサントラックなんですねえ。
たぶん人間の年齢にしてみたら、ゆうに80歳はクリアしちゃっている(?)わけなんですね。まさに“老人(車)パワー恐るべし”なんですよ。そういえばこのダットラが現役時代に、「ダットサンは中古車も考えて強度を計算している」って言われていたそうですけど、50年も現役とは、スゴ過ぎですよねえ。
どうでしょう、皆さん。
[PR]
by dn-racing | 2006-05-30 22:56 | 自動車